ウォールソーイング工事

ウォールソーイングとは

電動及び油圧ウォールカッターで、 鉄筋コンクリート等の切断・開口工事を行います。 3~4分のアンカーボルトにより固定されたレール上を、ダイヤモンドブレードが、回転・自走・注水しながら構造物を切断します。 厚さ500mmまでの切断が可能、レールは連続接続できます。

主な用途

・ビル・マンションのドア・窓 ・エレベータ・階段等の開口部新設
 X線透過撮影したフィルム像を観察し事前にRC内部の状況を確認できます。

            特徴・切断面が綺麗な為補修が少なくて済みます。

作業風景